×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







勝海舟 誕生の地  

勝海舟生誕の地(両国公園内)

TOKYO 大江戸散策アルバム 東京




大江戸散策アルバム
浅草雷門 浅草寺 隅田川 複雑な常磐線
葛飾 柴又  柴又 帝釈天 寅さん記念館
羽田東京国際空港 矢切りの渡し
明治神宮 原宿 勝海舟
旧岩崎邸庭園 岩崎弥太郎 千葉周作玄武館跡 龍馬     湯島天神
恵比須ガーデンプレイス夜景     銀座   東京ミッドタウン夜景
お台場 レインボーブリッジ


 




勝海舟生誕地碑
勝海舟生誕地碑

          TOKYO 大江戸散策アルバム 東京

勝海舟 誕生の地

勝海舟生誕の地(両国公園内) 東京都墨田区両国4-25-3

幼名 勝麟太郎(かつりんたろう)


勝海舟生誕の地(両国公園内)

勝海舟は幼名を麟太郎といい 文政6年(1823)1月13日この地 男谷精一郎邸内で生まれた。
剣は島田虎之助に師事し、蘭学海洋術を学び、万延元年(1860)幕府軍艦咸臨丸艦長として、太平洋を横断渡米した。
慶應4年(1868)3月13日 高輪薩摩藩邸において、大総督付参謀西郷隆盛と会談し、江戸城の開城を決定して、官軍の江戸進撃を中止させ、江戸百万の庶民を戦禍から救ったことはあまりにも有名な話である。
明治32年(1899)1月21日、赤坂氷川町(港区内)の自邸で死去 行年77歳であった。
墓は洗足池畔に建立されている。


平成元年10月
墨田区
(幕府講武所剣術師範役 元 男谷邸跡)

勝海舟生誕地碑

 

    金町駅 JR常磐線                                                 ・・ 

咸臨丸


          TOKYO 大江戸散策アルバム 東京

 


勝海舟は、文政6年(1823)正月30日、ここ本所亀沢の父小吉の実家である男谷家に生まれました。
初めの名は義邦、幼名 麟太郎といいました。
蘭学を修め、西洋の兵学、砲術、航海、測量法などを学び、安政7年(1860)1月、咸臨丸艦長として邦人の手による初の太平洋横断の快挙をなしとげました。
慶応4年(1868)3月、高輪の薩摩藩邸において西郷隆盛と会見し、江戸城無血開城に成功し、江戸市民を戦禍から救いました。
明治政府にも重用され、参謀兼海軍卿・元老院議官などになり伯爵となりました。












金町から柴又へ                                                    ・・ 


勝海舟          TOKYO 大江戸散策アルバム 東京


大江戸散策アルバム
浅草雷門 浅草寺 隅田川 複雑な常磐線
葛飾 柴又  柴又 帝釈天 寅さん記念館
羽田東京国際空港 矢切りの渡し
明治神宮 原宿 勝海舟
旧岩崎邸庭園 岩崎弥太郎 千葉周作玄武館跡 龍馬     湯島天神
恵比須ガーデンプレイス夜景     銀座   東京ミッドタウン夜景
お台場 レインボーブリッジ

  グアム島 海外旅行記     ハワイ観光アルバム   哀愁のサイパン旅行 SAIPAN



  Copyright (c) 大江戸散策アルバム All Rights Reserved